放射線ホルミシス効果

ホルミシス効果の発見
ラッキー博士の発表
トーマス・D・ラッキー博士

トーマス・D・ラッキー博士
トーマス・D・ラッキー博士

 

 

 

 

 

 

 

放射線ホルミシス効果を発表したトーマス・D・ラッキー博士
「微量の放射線は生命にとって有益である」

 

1982年、これまでの定説をくつがえす見解がアポロ計画の中で提出されました。

宇宙飛行士は2週間もの間、地球の何百倍という宇宙線(放射線)を浴びるが、身体にとってどのくらいのダメージになるのか? 当時のNASAの医学顧問でミズーリ大学の生命科学教授であったトーマス・D・ラッキー博士は、「人体への放射線の影響」を10年にわたり調査したのです。

予想に反してその結果は、「宇宙飛行士たちは宇宙に行くと元気になって帰ってくる」というものでした。

微量放射線は人体に対して刺激として働き、生体を活性化させ、生命活動にとってはかえって有益である??米国保健物理学会「Health Physics」誌(1982年12月号)に論文発表され、微弱な放射線による人体への効果は、ギリシャ語の「horme(刺激する)」より「放射線ホルミシス」と名付けられたのです。

img_01ラッキー博士が提唱した放射線ホルミシス効果

微量な放射線は次のような効果がある。
1) 免疫機能の向上
2) 身体の活性化
3) 病気の治癒
4) 強い身体をつくる
5) 若々しい身体を保つ

 

 

ラッキー博士の発表を裏付ける研究結果

宇宙旅行と同じ放射線(X線)を照射したネズミの実験

ガン抑制遺伝子p53の活性変化
img_03

 

 

 

 

 

 

 

宇宙旅行と同じ放射線(X線)を照射したネズミの実験
1ミリシーベルト/日(1.4レム/2週間)照射

筋肉細胞中のp53タンパク(8匹の平均値)は照射後に4倍に、9日後にも3倍のまま維持された。
*宇宙空間の放射線量:地上の100倍以上

*航空機(高度1万メートル):0.1ミリシーベルト/日

奈良県立医科大学 医学部 教授 大西 武雄先生の実験結果より

 

放射線ホルミシス効果  生命に有効な量:しきい値  世界のホルミシス
秋田玉川温泉  鳥取三朝温泉 坑道・ハイルシュトレン
日本でのホルミシス研究