鳥取三朝温泉

 地域住民のガン死亡率が低い三朝温泉

鳥取の三朝温泉は世界有数のラジウム含有量を誇る日本屈指の名湯です。三朝温泉の効能に関しては、岡山大学医学部付属の三朝医療センターにより長年にわたり調査研究されてきました。

岡山大学医学部の御舩政明(みふね)先生のグループは、37年間にわたる統計データから、三朝地域の住民のガン死亡率は全国平均の約50%以下で、周辺地域と比べても低い傾向にあると発表しています。

三朝地域はウラン鉱の地盤にあたり、温泉に入らなくてもこの地域に住んでいるだけで、ラドンガスの恩恵を受けられます。土壌・岩盤から発生するラドンや微量の放射線が、自然治癒力を刺激し、高めていると考えられています。

鳥取・三朝温泉

鳥取・三朝温泉

<三朝温泉地域住民の疫学データ>

1952~1988年の三朝町住民のガン死亡率のデータでは、明らかに住民のガン死亡率が低いことが分かった。

img_04

御舩政明 元岡山大学医学部助教授 1952~1988年のデータより

 

三朝温泉観光協会では世界屈指のラジウム温泉として放射線ホルミシス効果を発表しています。

鳥取・三朝温泉 薬師の湯

鳥取・三朝温泉 薬師の湯

放射線ホルミシス効果  生命に有効な量:しきい値  世界のホルミシス
秋田玉川温泉  鳥取三朝温泉 坑道・ハイルシュトレン
  日本でのホルミシス研究